岐阜化繊工業/設備紹介

製造の流れ

ニードルパンチ機による乾式不織布を生産しています。

  • →
    1.原料受入

    目的に合った不織布の原料を受け入れます。

  • →
    2.原料投入

    受け入れた原料を配合して、機材へ投入します。

  • ↓
    3.カード機
    カード機

    回転するシリンダーとロールの隙間を綿が通過することにより綿をシート状にします。

  • ←
    4.クロスレイヤー機
    クロスレイヤー機

    形成されたウェブ(繊維だけで構成された薄い膜状のシート)を蓄積して、シートを形成します。

  • ↓
    5.ニードルパンチ機
    ニードルパンチ機

    積層されたシートを切り込みが有るニードル針で、突き刺し等の上下運動とシートを送り出し、絡み合わせたシートを作ります。

  • →
    6.乾燥機
    乾燥機

    水溶性樹脂液をスプレー加工し、熱処理機で水分を乾燥することにより、接着剤の特性を付与させます。

  • →
    7.検査機

    検知器と目視で製品を検査します。

  • ↓
    8.巻取り

    出来あがったシートをロール状へ巻きます。

  • ←
    9.包装

    製品をビニール袋等で包装します。

  • ←
    10.保管

    包装した製品を、出荷まで倉庫で保管します。

  • 11.出荷

    お客様の元へ出荷します。

よくある質問

不織布は何からできるのですか? 原料は?
弊社で多く使っているのはポリエステルやレーヨンで、羊毛などの天然繊維でも作ります。
不織布はどうやって作られるのですか?
弊社は乾式法のニードルパンチ不織布を製造しておりますので、原料を調合し、カード機からウェブ(繊維だけで構成された薄い膜状のシート)を作り、それを重ね合わせて高速で上下するニードル(特殊針)をウェブに何度も突き刺しながら繊維同士を絡ませ、作り上げていきます。
どんな不織布でも製造できますか?
いいえ。当社ではニードルパンチ式不織布を製造しております。その他の不織布につきましてはお問い合わせ下さい。